[明治ポポロン]人気お菓子の販売終了の理由[今も買える似たお菓子は?]

[明治ポポロン]人気お菓子の販売終了の理由[今も買える似たお菓子は?]

明治(meiji)から1976年に発売されたシュースナック『ポポロン』についての解説するぞ。

サクサクのシュー生地と口の中でとろけるチョコクリームのマリアージュが絶品なお菓子じゃよ。

1976年(昭和51年)に明治から発売されたショーチョコ『ポポロン』

一口サイズのかわいいシューの中に、甘いミルクチョコレートクリームが入っており、口の中に入れるとサクサクのシュー生地とあまーいチョコクリームの2つの美味しさと同時に楽しめるお菓子です。

2015年の販売終了まで約40年間に渡って販売され、全国のスーパーやお菓子屋さんにも広く流通していたので身近にあるのが当たり前の商品でした。

「ポポ・ロン・ロンロン♪ポポ・ロンロン♪」のかわいくてポップな音楽が耳に残るCMも印象に残っています。

そんなかわいくて美味しいポポロンの商品情報、懐かしのテレビCM、販売終了の理由、今でも買える似たお菓子(代替商品)をこちらのページではお伝えします。

ポポロンが終売してしまったのは残念ですが、類似商品は今でも身近にあるショップで買えます。詳しくは本文で紹介していますので、ぜひご覧ください。

参考記事昔のお菓子

明治ポポロンの基本情報[販売開始・終売時期・値段]

『ポポロン』の基本情報
  • 商品名:ポポロン
  • 販売メーカー:明治(meiji)
  • 販売開始:1976年(昭和51年)
  • 販売時期:1976年-2015年
  • 種類:シュースナック

1口サイズのミニシュー生地の中に、チョコークリームが入ったシュースナック。

口に入れて噛むとサクサクと食感と、そこから飛び出してくるあまーいミルクチョコの2つのハーモニーを楽しめるチョコシュー菓子。

ポポロンぶどう味

味は定番「とろけるチョコクリーム味」のほかに、「甘ずっぱいいちご味」「ぶどう味」もありました。

ただ見た目も名前もすごくかわいいのに、値段は1個200円とかなり高額でまったくかわいくない!(80年代でこの値段です)

ポポロンの値段

当時の子供向けチョコ菓子の相場は100円だったことを考えると、いかにポポロンがセレブなお菓子だったかがよくわかります。

私の家ではポポロンはほとんど買ってもらうことができず、憧れのお菓子の一つでした。

だから友達の家に遊びに行って、おやつにポポロンが出てくると「僕も●●くん家の子供になりたい!」「おれもなりたい!」と大合唱したものです。

ポポロン一つで親を裏切るとか、どれだけ食い意地が張ってるんだよと振り返ると思っていますが、当時はみんな割と真剣に言っていました笑

そのぐらい70・80年代を過ごした子供たちにとって、ポポロンは憧れのお菓子だったんです。

オカンの気まぐれでたまに家にポポロンがあると、テンション激上がりで床が抜けるほど飛び上がって喜んだもんじゃ。

ポポロンのCMには人気女優・富田靖子が出演

ポポロンCMの富田靖子

ポポロンは80年代(昭和50・60年代)にはテレビCMも頻繁に放送されていました。

そのCM内で流れる「ポポロンロンロン♪ポポロンロン♪」のCMソングが耳から離れず、つい口ずさんでしまうかわいさ。

ポポロンCMソングの歌詞

ポポロンロンロン ポポロンロン

ポポロンロンロン ポポロンロン

ポポロンロンロン ポポロンロン

明治ポポロン

歌詞を見るとわかるように、ただただ商品名を連呼してるだけ。

なのに違和感・嫌味ががなく、自然の耳にこびりついて離れないCMソングのお手本のような歌です。

ちなみに80年代に放送されたCMには当時から大人気で、今も女優として活躍している富田靖子(とみたやすこ)さんが出演。

▼ポポロンのCM▼

オーバーサイズのタキシードとハットを着用して、かわいくダンスする姿と「はずむおいしさだよ」というセリフがかわいくて、お菓子のイメージとマッチする良いCMでした。

ポポロンのCMソングはほんとに耳から離れないし、今でも時々口ずさんでしまうぐらい魅力的なのじゃ。

あれを作ったアーティストは天才に違いないの。

ポポロンがどこに売ってない!販売終了になった理由

チョコシュー

80-90年代は大人気だったポポロンですが、2015年に販売終了。約40年の長い歴史に幕をおろしました。

身近にあるのが当たり前のお菓子の一つだったので、終売をしった時のショックは大きかったです。

なおポポロン販売終了の理由について、メーカー側(明治)は明確な理由を回答していません。

ただ同時期に明治が販売終了した「カール」「ピックアップ」と同じ理由だと考えると、人気が落ちてシンプルに採算が取れなくなったから。

「コアラのマーチ」「たけのこの里」「パイの実」「パックンチョ」などのライバルチョコ菓子、あるいはコンビニや大手スーパーの格安PB(プライベートブランド)商品に押されて、売り上げが落ちたことが原因でしょう。

しかしポポロンに似た類似商品なら、今でも身近なショップや通販で買うことができます。詳しくは次のパートを参照ください。

ポポロンに似たお菓子[コンビニ・通販で買える]

2015年に終売となったポポロン。しかしそれに似たお菓子なら今でも身近にあるコンビニやスーパー、あるいは通販でも買うことができます。

ではポポロンの類似商品のチョコシュースナックを順番に紹介します。

1.7プレミアムチョコシュー

7プレミアムチョコシュー

セブンイレブンのPB商品。しっとり食感のシュー生地が特徴のチョコシュー菓子です。

2.チョコがたっぷりチョコシュー

チョコがたっぷりチョコシュー

ファミリマート(ファミマ)のPB商品。名前の通り、チョコがたっぷりめに入っており、食べた時の満足度は高いです。

3.チョコシュー

チョコシュー ローソン

ローソンのPB商品。カルシウム入りのチョコクリームが入っており、お子さんの栄養バランスを気にするママパパから人気。

4.うまい玉カルシューチョコ味

うまい玉カルシューチョコ味

やおきんから発売されているうまい棒の姉妹商品。1袋の中にとろけるチョコ入りのシューが4つ入っています。

楽天市場、アマゾン、ヤフーショッピングなどの通販でも購入可能です。

5.リスカ 徳用チョコカルシュー

リスカ 徳用チョコカルシュー

スーパーBIGチョコや徳用チョコなど、人気チョコ駄菓子を販売しているリスカの「徳用チョコカルシュー」。コンビニで売られているチョコシューの約3倍、210gもたっぷり入っている大ボリュームが特徴です。。

楽天市場、ヤフーショッピングなどの通販でも購入できます。

まとめ

明治ポポロンのイラスト

今回の記事では明治『ポポロン』の商品情報、テレビCM、販売終了の理由、通販やコンビニで買える似たお菓子についてお伝えしました。

値段は高くて、しかもめちゃ美味しい当時の子供たちにとっては憧れのお菓子です。

今にはポポロンに似たコンビニPB商品が安く買えるようになりましたが、それでももう一度あのパッケージのポポロンを食べたいなというのが正直な気持ちです。

終売後もファンがいる根強い人気のポポロン。できれば販売開始50周年(2026年)ぐらいのタイミングで、限定復刻販売をしてほしいのぉ。

明治さんご検討をお願いしますのじゃ!

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする